震災で土地の値段が大暴落

タイトルの通り、私の宇都宮の土地は買った直後に震災で近所に液状化が起きたり道路のアスファルトが裂けたりしたことから大暴落、一気に半分以下の値段となってしまいました。そして道路工事により震災の傷跡が癒されたからといって土地の価格が戻るわけもなく、私はその土地のことを考えるのを禁忌とし、そのことを頭の奥底にしまい込んで蓋をすることになります。
それから五年が経ち、家に土地を売りませんかという広告が入り、何気なくそれを見て唖然、なんど、土地の値段が持ち直していたのです。まだ買った時の値段には届いていないというのも事実なのですが、しかし、まさか値段が戻るとは夢にも思いませんでした。この間にあったことと言えば、自転車で行ける距離に超大型のショッピングセンターができたことぐらい、本当にそれが原因なのか、理由は良く分かりません。
土地の値段が下がっても、このように何かの拍子で復活する可能性が無いとは言い切れません。皆さんも諦めず、その推移を見守ってみてはいかがでしょうか。