土地選びに譲れない我が家ルール

家を買うという事は、人生で最大とも言える買い物ですし、購入のタイミングなどについても悩みはつきません。

実際、我が家が購入を考えたきっかけは、家の広さはもちろん、毎月の駐車場料金(2台あります)主人の年齢から住宅ローン返済可能年数を考えて、今がタイミングかと思い探し始めました。

まずは、譲れない条件をお互いに出し合いました。
第一条件は、駐車場スペースが2台以上。第二条件は前の道幅6メートル以上で騒がしくなく、町の雰囲気が気に入るかどうか。
細かい条件はたくさんありましたが、もちろんすべてが揃う土地などあるわけないので、この二つの条件をベースにしました。
これから子供も生まれるので、安心して子育てできる環境で、ご近所の方と仲良くできそうか、最寄りの駅の雰囲気など、とにかく土地周辺の治安や雰囲気を重視しました。
中古か新築かのこだわりは特になかったので、とにかく家より土地を重要視という感じです。宇都宮市内在住でしたので、住み慣れた宇都宮で注文住宅を建てることを考えていましたが、

京都市内在中でしたので、住み慣れた京都市内でと考えていましたが、駐車場スーペース2台以上確保できる区画があまりなく、あっても予算オーバーや、最寄駅から徒歩30分など、なかなか踏み切れないものばかりでした。

そこで思い切って、市内を諦めて探すと割と好条件が出揃いました。
気になる物件や土地がある度に、仕事終わりなどに足を運び、周辺の雰囲気やスーパーや駅までの距離の確認をしました。大体1年程掛かりました。

最終的に決めた場所は、注文建築できる場所でしたので、今は新しくて綺麗な家に住めて満足しています。
スーパーや駅までの距離ばかり考えていましたが、いざ引っ越してみると病院が近いか、ゴミ置き場が近いか、など気になる点はたくさんあったなと実感しています。
土地探しだけで1年程掛かりましたが、とにかく治安や雰囲気を気にして探していたので、希望に合う土地が見つかって良かったです。
ご近所の方も良くしてくれますし、前の道幅も広いので、子供が生れても飛び出す危険などなさそうなので安心しています。

幸い今のところ不便もなく、快適に生活できているのでラッキーな部分も多かったですが、思い切って市内を出てみて良かったなと思っています。